アロマアナリーゼ とは

アロマセラピーから、
みなさんは何が浮かびますか?
いろいろな答えがあると思いますが、1番の特徴は"香りがある"ということではないでしょうか。

香りを感じたとき…
☆心地よさに、緊張がほぐれリラックス
☆気分転換
☆テンションが上がる
☆気持ちがすっきりリフレッシュ
☆ほっと許される(頑張らなくって大丈夫)
☆無になる
などなど。

香りによって、その時の私たちの状態によっても変わりますね。
香りをかいで、懐かしさや忘れてた思い出、人を思い出すことも。

どんなときであっても、香りは一瞬の刺激で、日常、今までの私、気持ちを変えてくれる力を持っていて、私たちに強烈なインパクトを与えます。


その一瞬の刺激(香り)を受け取った私たちは、
いい香り、なんだか気になる、テンション上がる、なんだかくさい、これはないな…
などなど、
瞬時に自分自身が主観的に判断する仕組みが私たちの身体に備わっています。

そして、なんといっても、この世の中で香りを用いるセラピーは、アロマセラピーしかありません。


"アロマアナリーゼ"とは、
精油の翻訳家である ふじわら あやこ先生が考案された、精油の香りから今のあなたに必要なメッセージを導き出す心理分析セッションです。

香りは本能に根ざした大脳辺縁系にダイレクトに届きます。

人間の脳の約90%は"よりよく生きる"を司る大脳新皮質が占めており、嗅覚以外の感覚からの信号は"よりよく生きる"脳に届きます。

残りの部分、大脳辺縁系は"生き残る"という"本能"を司ることから、サバイバル脳とも言われています。

香りはそのサバイバル脳に届き、香りの快・不快を判断するため、よりよくといった論理的な思考の判断ではありません。

その脳の仕組みを利用して、
香りから浮かぶイメージと、
精油の持つ薬理作用や心への作用、
学名に産地、昔からの言い伝えや使用方法、中医学やギリシャ神話などなど、
様々な角度から導き出された精油のメッセージとを分析し、
本人も気づいていない"こうなりたい"、
"本当はこうしたい"といった本能の声を聞く心理分析方法です。


アロマアナリーゼは、
いくつかの精油の中から、好きな香り、気になる香りをお選びいただくことから始まります。

自分にとって好きな香り、気になる香りもその時々で違ったり、
同じ精油であっても広がるイメージが違ったりと、
毎回精油が伝えようとするメッセージは違います。


その時その時に必要なことを精いっぱい伝えてくれてるんだと思うと精油への愛おしさも増すセッションです。


香りを通じて、
わかっているようでわからない自分の姿、
自分の思いに耳を傾けてみると、
新しい世界への扉を開くことにつながっていく。


精油たちは、あなたの思いの向く未来に
必ず背中を押してくれます。


精油を味方に、
あなた本来の輝きを照らしていきませんか?

こんな方にオススメ 
☆ 本当の自分の望む未来を知りたい
☆ このままでいい?漠然とした不安がある
☆ なんとなく、毎日に物足りなさを感じる
☆ これからの人生が漠然としている
☆ これから進む道に迷っている
☆ 明日を、未来を明るく灯したい
☆ 自分自身と向き合いたい
☆ なにかを変えたいと思っている
☆ 変わりたいと思っている
メニュー
アロマアナリーゼ 個人セッション(90分)
お守り香水作り ¥7,000(税込)のところ

キャンペーン価格: ¥5,000(税込)


アロマアナリーゼ グループセッション(2時間) お守り香水作り ¥5,000(税込)

オプション メニュー(個人セッション限定)
アロマアナリーゼ セッション レポート(後日、セッション内容をまとめたレポートをメールでお送りいたします)+ ¥2,000